上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は信和技研で製作したパーツフィーダーの
リターンフィーダーをご紹介する2回目です。

ドラムフィーダーでは選別が難しいワークだったり、
円形フィーダーでは設置スペースに課題があるお客さま
におすすめしているのが、こちらのリターンフィーダーです。

詳しくは信和技研ホームページの
リターンフィーダー紹介ページをご覧ください。

b_01_P8118861.jpg
ホッパーのワーク投入部です。

b_02_P8118893.jpg
センサーにてトラック残量と満杯を検出します。

b_03_P8118877.jpg
シート貼りなのでワークの押しが無くてもが登っていきます。

b_04_P8118807.jpg
中が見えるのでワークの残量が確認できます。

b_05_P8118896.jpg
センサーにてホッパが作動します。

b_06_P8118905.jpg
エアーの使用量も少量で済ますことができます。



今回ご紹介したリターンフィーダー以外の
各種パーツフィーダーもご紹介しておりますのでよろしければ
信和技研のパーツフィーダー製品案内をご覧ください。


信和技研/リターンフィーダーのご紹介 [その1]


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ものづくり
ジャンル:ビジネス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。