上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、複合機DCP-J715Nが故障してしまってDCP-J525Nを購入した
理由をご紹介します。

インク専門店タダプリントのビッグタンクを購入してみました
実はこれが原因です。なにかと言いますとプリンター用インクです。
ビッグタンクという名称のようです。


インク専門店タダプリントのビッグタンクを購入してみました
箱を開封してみると・・・

インク専門店タダプリントのビッグタンクを購入してみました
なんだかもの凄く長いです (笑)


インク専門店タダプリントのビッグタンクを購入してみました
DCP-J525Nに付属していたプリンターインクと比べると一目瞭然です。


インク専門店タダプリントのビッグタンクを購入してみました
謎の部品も付いています。

本当はレーザープリンターが1万円台であったのでそちらもいいかなと
思ったのですがトナー代や本体の大きさ、電力消費の大きさでちょっと
躊躇していました。
ただインクジェットもインクが高いのにメリメリ減っていく感覚が
あったので悩んでいたところこのビッグタンクを見つけました。

タダプリントというところから出ている異常にコストパフォーマンスが
高いプリンターインクを見つけその対応プリンターである
DCP-J525Nと合わせてもアマゾンで1万3千円程で済んだので
思い切って購入してみました。

ただ、ブラザーのプリンターは純正のインクを推奨しているので
色々とリスクはあるのですが、自分で購入した範囲では
プリンターはどれも短期間に故障しているのでもう、使い捨て
という感覚でいいかと思い挑戦してみました。

プリンターに付属していたスターターインクが無くなったら
こちらの巨大インクを使ってみようと思います。

その時はまたご紹介させて頂きます。




関連記事
スポンサーサイト
テーマ:周辺機器
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。