上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PF13.jpg

バネ向けパーツフィーダー

バネはその特殊な形状、線形の細さからワーク同士で絡まりやすい為
搬送が非常に難しく、パーツフィーダーの繊細な加工・レイアウトを必要とします。

信和技研では部品同士の絡みが多いバネの搬送にはこれまでの
制作経験に基づいた様々な事態を想定し安定供給が可能なパーツフィーダー
をご提案させていただきます。


パーツフィーダー運用の生産性を下げる問題点

今回のバネのようにワーク(部品)同士の絡まりはその都度作業が
止まってしまうだけでなく作業復帰に作業員の介入が必要になり
作業の効率と生産性を著しく下げる要因になりますのでパーツフィーダー
にワークの絡まり対策が必要となります。

また、ワーク同士の絡み以外にもアクシデントの要因は様々で
それに応じた対策をパーツフィーダーに施す必要があります。
パーツフィーダーの運用上生産性を下げる様々な要素につきましては
信和技研ホームページのFAQページ
パーツフィーダーの故障・アクシデントに対する対処に関して
の項目をご覧下さい。


パーツフィーダーの設計・製造は信和技研にお任せ下さい

・パーツフィーダー(自動整列部品供給装置)に関しての詳細は
 株式会社信和技研のホームページをご覧ください。

・信和技研が製造いたしました各種パーツフィーダー製品の実績は
  製品案内ページ(パーツフィーダー)をご覧ください。

・信和技研へのお問合せは、お問合せフォームをご利用ください。






関連記事
スポンサーサイト
テーマ:仕事の現場
ジャンル:ビジネス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。