上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株式会社信和技研では、画像処理検査装置付きパーツフィーダー
取り扱いを開始いたしました。
画像処理検査装置とはカメラを使った画像処理で自動的に不良ワーク
(部品・部材)を選別する機能です。

画像処理検査装置をパーツフィーダーに搭載して一体化することで
「不良品ワークの選別」と「良品ワークのみを整列・排出」を同時に
行う事が出来ます。

信和技研で取り扱いました製品の一部をご紹介いたします。

キャップ傷検査機

キャップ傷検査機
ワークであるペットボトル等のキャップに傷が付いてしまっている
不良ワークをカメラによる画像処理を使い選別します。


その他の画像処理検査装置付きパーツフィーダー製品につきましては
信和技研ホームページをご覧ください。


[関連記事]
信和技研 / 画像処理検査装置のご紹介 04 (スプリングサイズ検査選別機)
信和技研 / 画像処理検査装置のご紹介 03 (金具外径検査機)
信和技研 / 画像処理検査装置のご紹介 02 (パイプ長さ検査機)
・ 信和技研 / 画像処理検査装置のご紹介 01 (キャップ傷検査機)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:仕事の現場
ジャンル:ビジネス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。