上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在はWindowsを使っていますが、かつてはパソコンは主に
Macを使っていました。
そんな事もありMacのキーボードの方が使いやすいというのと
単純にWindows向けのキーボードよりもカッコイイという理由で
Windowsパソコンに関わらずMacのキーボードを使っています。

DSC02443.jpg
Apple製のキーボード「Apple Keyboard」です。
薄くて見た目もすっきりしていてシャープな感じのキーボードです。

DSC02476.jpg
非常にコンパクトなのも気に入っている要因です。
机でご飯を食べる時などにはこのようにモニターの下にスッポリ
収めることが出来ます。

DSC02469.jpg
非常に薄いキーボードですが、下にはUSBハブも装備されています。

MacのキーボードをWindowsで使うとほとんど問題なく使えるのですが
細かい部分で違いが出てきます。
例えば文字変換の切り替え[英語⇔日本語]や画面のスクリーンショット等の
キーに違いが出てしまい違和感があるのですが、
トリニティーワークス有限会社から出ている有料ドライバの
AppleKシリーズを使うことで解決しています。
こちらのソフトを使うことでMac上でのキーボードの使い心地でWindows
を操作することが出来ます。
AppleKシリーズはWindowsのOSの種類等自分の環境に合ったものを
購入しないといけないので購入時には注意が必要です。

あと、こちらのAppleKeybordですが、もしかしたらもう売ってないかも
しれないですね。アップルストアのキーボードコーナーに行ってみても
商品ラインアップに入ってないですね。
似た感じでワイヤレスの Apple Wireless Keyboardの方は売ってるみたいです。


こちらのブログでApple Wireless Keyboardが紹介されています。
黒いキーボードカバーがカッコイイです。
Apple Wireless Keyboard (2009新型)購入+α
(AVERAGE+ Blog様)


 


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:PC周辺機器
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。