株式会社信和技研では、画像処理検査装置付きパーツフィーダー
の取り扱いに力を入れております。

画像処理検査装置はカメラによる画像処理を利用することで
不良ワーク(部品・部材)を自動的に選別する事が可能です。

画像処理検査装置をパーツフィーダーに搭載して一体化することで
「不良品ワークの選別」と「良品ワークのみを整列・排出」を同時に
行う事が出来ますので作業時間の短縮になりますし、今まで作業員の
目視に頼っていた検査・検品作業の正確性の向上も図れます。

信和技研で製造しました画像処理検査装置の一部をご紹介いたします。

パイプ長さ検査機  

パイプ長さ検査機
画像処理でパイプの長さをチェックして規定のサイズに満たない不良品を
選別の上弾き、良品ワークのみを整列・排出いたします。


その他の画像処理検査装置付きパーツフィーダー製品につきましては
信和技研ホームページをご覧ください。


[関連記事]
信和技研 / 画像処理検査装置のご紹介 04 (スプリングサイズ検査選別機)
信和技研 / 画像処理検査装置のご紹介 03 (金具外径検査機)
・ 信和技研 / 画像処理検査装置のご紹介 02 (パイプ長さ検査機)
信和技研 / 画像処理検査装置のご紹介 01 (キャップ傷検査機)


スポンサーサイト
テーマ:仕事の現場
ジャンル:ビジネス