上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回購入した材料で新しい簡易型スタジオを組み立てます。

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [組立編]
おあつらえ向きの大きいサイズのダンボールが手に入ったので
要らない部分をカッターで切り落とします。

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [組立編]
100円ショップで購入したガムテープで補強します。

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [組立編]
側面にアルミクリーンシートを貼りレフ板に仕立てます。

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [組立編]
防護用のシートを剥がして・・・

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [組立編]
レフ板部分が完成です。

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [組立編]
これにフエルトをかけ洗濯バサミで固定して完了です。

 
スポンサーサイト
テーマ:★カメラ&レンズ・機材
ジャンル:写真
以前使っていた簡易型撮影スタジオが傷んできたので
新しく作ってみました。
今回は材料の調達編です。

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [材料調達編]
例の如く100円ショップでフエルトとアルミクリーンシートを
購入しました。

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [材料調達編]
赤いフエルトと

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [材料調達編]
黒のフエルト

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [材料調達編]
そしてアルミクリーンシートです。

簡易型の撮影スタジオを新しく作る [材料調達編]
最後にガムテープです。

次回は組み立て編をご紹介いたします。



テーマ:★カメラ&レンズ・機材
ジャンル:写真
先日購入したソニーのデジタルカメラDSC-WX50と
以前使っていたDSC-wx1を比較してみます。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50とDSC-wx1を比較する
左が以前使っていたDSC-wx1、右が今回購入したDSC-WX50です。
構成的にはそんなに変わってないですね。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50とDSC-wx1を比較する
厚みはかなり薄くなっています。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50とDSC-wx1を比較する
角が丸まり持ちやすくなってます。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50とDSC-wx1を比較する
ダイヤル関係はかなり変わってますね。最初戸惑いました。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50とDSC-wx1を比較する
地味に色々と変わってますね。



テーマ:カメラや写真について
ジャンル:写真
先日買い換えたソニーのデジタルカメラDSC-WX50用の
予備バッテリーを購入しました。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50用の予備バッテリーを購入しました
動画撮影機能を使うとびっくりするぐらいメリメリと電池が減っていくので
予備のバッテリーが必要と感じました。


ソニーのデジタルカメラDSC-WX50用の予備バッテリーを購入しました  
こちらが購入した予備のバッテリーです。
海外版の純正が若干安かったのでそちらにしました。
ご覧のようにパッケージ等はありません。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50用の予備バッテリーを購入しました
開封したところです。プラスチックの容器に入っています。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50用の予備バッテリーを購入しました
DSC-WX50に同梱されていたバッテリーと比べてみます。
印刷部分がちょっと違いますね。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50用の予備バッテリーを購入しました
裏面です。こちらも印刷が結構違いますね。
今のところ問題なく使えています。



先日愛用していたSONYのデジカメDSC-WX1が
レンズにゴミが入ってしまい撮影するとくもりが出来て
しまう
ようになり買い換えました。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50を購入しました
こちらが購入したSONYのDSC-WX50です。
色々と候補はあったのですが、DSC-WX1の暗めの場所での撮影での
発色の良さが捨てがたかったので後継機であるDSC-WX50を選択
しました。

  ソニーのデジタルカメラDSC-WX50を購入しました
パッケージを開封しました。コンパクトに収まっています。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50を購入しました
DSC-WX50本体です。 それにしても小さい!

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50を購入しました
背面です。

ソニーのデジタルカメラDSC-WX50を購入しました
DSC-WX50本体の他にバッテリーとACアダプター、USBケーブルに
ストラップです。


近いうちに使用感などご報告いたします。






テーマ:★カメラ&レンズ・機材
ジャンル:写真
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。